FC2ブログ

冬には葛湯!芯から体が温まります。

 以前、神戸大学名誉教授 津川兵衛先生の話で、「感冒(かんぼう)時の葛根の発熱・解熱作用は顕著な効能の一つである。また、葛根は鎮けい作用をも有し、首筋や背肩の筋肉のこりを和らげてくれる。夏場には熱暑と水分の取り過ぎで過敏になった胃腸の調整にも、この鎮けい作用は威力を発揮する。だから、葛根湯は重宝な常備薬だった。
 昔、葛粉屋へ奉公に来て、ダコクズ(粗製葛粉)を味噌汁に落として、常食すれば、病弱者でも一年もたてば壮健になるといわれた。」というい文章を掲載いたしました。

 昔の人は経験的に葛の薬効を知っていて、うまく利用していたのでしょうね。

 漢方薬の「葛根(かっこん)」ほどの薬効はありませんが、葛湯には多少なりとも体にやさしい成分が含まれていることは事実です。でも、体にやさしいのは成分だけではありません。

 葛湯に含まれる吉野本葛は人が消化し易い「でんぷん」なので、胃腸に負担をかけず消化・吸収できるため、風邪や病気で弱った身体にもやさしくしみ込みます。もちろんおなかをこわしている時にも大活躍です。

 冬場はどんなに気をつけていても一度は風邪をひきますよね。そんな時には葛湯の出番です。やさしいとろみで熱を逃さないので体が芯から温まります。また、のどから来る風邪でのどがはれて痛いときでも、葛湯ならとろりとなめらかにのどに入るので、痛みが和らぎます。

 ちょこっと葛湯を家にストックしておけば、いざという時に重宝しますよ。



<葛湯を飲むのはこんな時> 

◆風邪をひいたとき
 「のどが痛くてものめるから。」
 「風邪のひき始めに葛湯を飲むとそれ以上悪くならない気がする。」

◆下痢をしているとき
 「子供が下痢をしている時、消化が良くて植物性のものが良いと小児科のお医者様に言われ、葛湯を進められました。」

◆家事を終えた後、ひといきつきたいとき

◆夜寝る前
 「寝る前に飲むと体がポカポカしてぐっすり眠れます。」

◆朝起きたとき
 「寒い台所で家事を始める前に飲むと体が温まります。」

◆毎日
 「毎日健康の為に生姜葛湯を飲んでいます。」

◆おやつに
 「子供のおやつに葛湯を利用しています。葛は体にいいと聞いたので、葛湯として飲ませたり、プリンみたいにアレンジしたりしています。」



・天極堂自慢のの葛湯はこちら→「葛の里葛湯」
・洋風味の葛湯はこちら→「洋風葛湯クデュウー」
・和三盆糖を使用した本格葛湯はこちら→「極葛湯」
・奈良県産のお茶を使用した葛湯はこちら→「大和茶葛湯」
・馬路村産の柚子を使用した葛湯はこちら→「ゆず葛湯」
07:30 | クズの薬効 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
葛と和菓子 | top | あしたの天極堂(葛日和より)

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
https://kudzujiten.blog.fc2.com/tb.php/67-7cf68fb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)