FC2ブログ

2018年4月15日(日) 『葛のつる工芸』を体験!

2018年4月15日(日) 丹波の湯の遊工房で『葛のつる工芸』を体験してきました!

20180415葛のつる工芸

天極堂でも葛のつる工芸(葛のつるでかごを編む)イベントを行っていますが、私たちはまだまだ初心者。そこで、イベントを開催するにあたって2年前から葛のつる工芸を兵庫県へ勉強しに行っています。

今回は先生方(葛のつる工芸研究会)のインタビューも兼ねており、平成3年(27年前!)の発足当時の話や、18年前に天極堂奈良本店で葛のかご作りをイベントで行った話しなど、お話も沢山伺いました。

2時間ほどインタビューした後、特別授業で『みだれ編』を教えていただきました。

20180415葛のつる工芸みだれあみ

始めのわっかをきちんと作れていれば、後は上下交互になるように編み進めていくだけ。
説明は簡単ですが、実際してみるとなんだか難しく、穴の感覚がまちまちになったり、ゆるんで来たり。

でも、先生が少し手直しすると、ちゃんとしっかりしてくるから不思議です。

20180415葛のつる工芸材料の葛のつる

このつるが、かごになっていくなんて、本当に驚きです。

下井店長も真剣そのものです。

20180415葛のつる工芸1

米田さんは3度目の参加で、少し慣れています。
やはり、何度も何度も自分で繰り返し作ってみないと、一度話を聞いた程度ではなかなか思うものは作れないです。

20180415葛のつる工芸5

仕上げに持ち手を付ければ完成です。

20180415葛のつる工芸6

先生はご自身の作品を販売してもいるのだけれど、「かごは自分で編むのが一番。自分でしないともったいない。ちょっと葛を引っ張ればどこにでもつるはあるのだから、利用しなくちゃ。基礎を何度か学べば、後は自分のアイデアでいろんなものができるから。」

20180415葛のつる工芸7

ほんと、こんな素敵なかごが自分で作れるのだから、楽しまないと損ですね。

午後からは通常通りの葛のつる工芸教室。

20180415葛のつる工芸8

6本の縦芯に縄編みで葛を巻きつけたら、2本を1つにして側面を編み上げていきます。

20180415葛のつる工芸9

芯の方を編み込んでしまったり、つるの継ぎ方を教わったり、無心になって編みました。

20180415葛のつる工芸10

少し先生が手直ししてくれただけで、なんだか素敵なかごに!!

20180415葛のつる工芸11

そして出来上がり。2時間ほどで編みあげることができました。

20180415葛のつる工芸12

こんなに素敵なかごを自分で作れるなんて、最高ですよね!

でも、やはり重くのしかかるのは材料となる葛のつるを確保する問題。
材料が雑貨店や手芸屋さんで売っていればよいのですが、葛のつるを売っている店はありません。
つるは寒の時期に自分たちで採りに行きます。
つるを編むのは楽しいけれど、つるを採るのは思っている以上に大変な作業。
先生方も年齢が上がるにつれ、つる採りが大変なのだそう。
だから、葛のつる工芸というイベントには参加するけど、自分でくずを採りに行ってまで編む人は少なく、ましてや教室をするというのも大変で、次の世代に受け継ぐのはとても難しいことのようです。

最大で50名もの会員がいた葛のつる工芸研究会も今では先生方お二人だけ。

丹波市の皆さん!つる工芸を活性化しませんか?
身近な植物でこんな素敵なものを作れるなんて、最高ですよ!

「『葛のご縁』で長い間遊ばせていただきました。
友達もいるし、いろんな所に行きました。
小学校で教えた子供たちからもらった手紙は今も大切な宝物です。
良い思いをさせてもらった。」

そう話してくれた道家先生。

へたくそな私たちに毎回丁寧に編み方を教えてくれる鯉ノ内先生。

そんな先生方の意志を継ぐ人が現れて、この研究会がまだまだ続くことを心から祈っています。

20180415葛のつる工芸先生と

13:51 | 葛のつる工芸 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2018.04.17 第8回 葛ソムリエの講義が行われました | top | 2018年4月8日 奈良クラブの応援で、春のスイーツ祭りに参加しました!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
https://kudzujiten.blog.fc2.com/tb.php/162-fdac999b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)