2017年3月10日 天極堂の感謝祭

2017年3月10日(金)に天極堂の仕入先様やお得意先様に奈良へお越しいただき、感謝祭を行いました。

20170310感謝祭8

天極堂は山のネットワークをはじめ様々な仕入れ先様のおかげでお仕事をさせていただいておりますし、それら商品をご購入していただけるお得意様があって会社が成り立ちます。

そこで、日頃の感謝の気持ちを伝えるにはどうしたらよいかを社内で話し合い、奈良と言えばお水取り、そのお水取りに合わせて感謝祭をしようと半年以上も前から計画を練りました。

当日は16社の企業様にお越しいただき、葛料理と共に奈良の夜を一緒に楽しみました。

20170310感謝祭12

昨年葛ソムリエになられた天平倶楽部の河村料理長が、この日のために葛のフルコースを作ってくださいました。

全てに『吉野本葛古稀』を使用したお料理は、お刺身以外は全てに葛を使っていました。

20170310感謝祭7

先付は、雲竜胡麻豆腐 生雲丹

食前酒のスパークリング清酒ともよく合いました。

20170310感謝祭10

前菜は二月堂修二会のお松明をイメージしたお料理の数々。

20170310感謝祭6

吸い物は吉野仕立てで、葛打ちした油目に蕨、大根餅が入っていました。

20170310感謝祭9

車海老の東寺揚げのサクッと軽い食感は吉野本葛ならでは?でしょうか。

20170310感謝祭4

水菓子の葛きりは黒豆きな粉をまぶしていただきます。
葛っ抹茶茶巾包みはもちっとした弾力があり、柔らかめの練乳ソースとよく合いました。

全てのお料理をご紹介しきれませんでしたが、葛包みアイスやのど黒の若草ソース、ステーキのソースなどあらゆるお料理に吉野本葛古稀を使っていただきました。

今回の河村料理長のお料理をいただき、吉野本葛が最高級の料理用でん粉と言われる理由がわかる気がいたしました。


お食事の途中に来られたスペシャルゲストが中谷堂さんです。
高速餅つきが有名でテレビなど様々な場面で活躍されておられます。

20170310感謝祭1

生で見る高速餅つきは迫力満点。
実際に数名のお客様に餅つき体験をしていただきましたが、普通につくのが精いっぱいで、とてもじゃないけどあんなに早くはつけそうにありませんでした。


そして観光ボランティアガイドさんの案内でお水取りへ。

20170310感謝祭2

歴史や行事のお話を伺いながら二月堂へ。
鐘がなり、いよいよお松明が見えると、その迫力に圧倒されました。

奈良で暮らし始めて17年になりますが、お水取りは初めて。
人ごみが苦手なのがその理由ですが、やはり伝統行事、来年は是非子供たちにも見せてやらねばと思いました。



お水取りから帰ると、天極堂イメージキャラクター『くずまん』がおでむかえ。

20170310感謝祭3

中谷堂さんのよもぎもち入りの葛ぜんざいをいただき、スペシャルゲスト『もーちゃん』の書のプレゼントと書の披露があり、感謝祭もこれで終了。

20170310感謝祭5

『もーちゃん』の書を持って記念撮影をさせていただきました。

20170310感謝祭13

本日お越しいただいたお客様を始め、多くの企業、多くの人々のご縁があって生かし生かされている。そのことに改めて感謝した一日となりました。

私自身営業をしたこともなく、営業のお取引先様と何を話していいのか多少の不安がありましたが、このような私にも優しく接し、お声掛けいただいたことにも大変感謝しました。

ここに御参加された皆様や社長は私ではとても追いつけそうにない素晴らしい方々ばかりでしたが、いづれはきっとお役に立てるよう、日々の業務に邁進しようと強く思いました。
10:27 | 天極堂社内イベント | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
第7回 プレミアム工場見学 | top | 田村薬品薬草園にて2

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
https://kudzujiten.blog.fc2.com/tb.php/135-7ab951ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)